近江 千古茶 商品写真

近江 千古茶

比叡山の麓、大津・坂本の地にある「日吉茶園」
西暦805年、伝教大師・最澄が
中国天台山から持ち帰った茶の種を蒔いたのが
そのはじまりで、日本茶発祥の地とされています。
この最古の茶園の貴重な茶樹の枝をいただき、
土山の地にて大切に育てること数カ年。
ようやく製茶に適うまでになりました。
丁寧に摘み取られた茶葉は、
一晩ねかせて芳醇な香りを引き出し
熟練茶師が自らの五感で絶妙に焙じ上げ、
気品ある香ばしさをもつお茶に仕上げました。
千二百年ものときを経て醸し出す味わい、
琥珀色に立ち上る悠久の香りをお楽しみください。

店主敬白

「近江 千古茶」の美味しい淹れ方(4人分)

茶の量
8グラム~10グラム
お湯の量
250ml~300ml
お湯の温度
80℃~90℃
浸出時間
1分程度浸出
4823 近江千古 茶葛籠箱詰合せ
4823 近江千古茶 葛籠箱詰合せ
20g 3袋入り 5,520円(税込)
この商品を買う